スマホ老眼って知ってる?治療法と家でできる予防

スマホ老眼に気を付けよう

スマホ老眼をまず知っておこう

書類などを見るときにしかめっ面で「んー」と言いながら手元を動かしている人を見ると老眼かな?と思ってしまいますね。
もちろん、その人の年齢がいかほどかを推察しての考えなのですが、老眼ときくと文字の通り老化現象のひとつです。近くのものにピントが合わなくなってしまうものですね。
顔にでる皺と同じくらい、わかりやすい老化現象で、なってしまうと老眼だわーっと苦笑いしながらあきらめの境地になるものでしょう。

実際中年にさしかかった人が老眼になるのは、本人も周囲も納得の現象です。
ですが、最近では「スマホ老眼」といった言葉があらゆるところできくようになってきています。
スマホが普及してから何年もたちますが、スマホ老眼という言葉もスマホの普及とともに増えてきた問題といえます。

これも言葉通り、スマートフォンが原因でなると思われる老眼のような眼の症状を指します。スマホを扱う人がなる症状ですので、老眼のように中年だけがなるものではないのが特徴的です。
20代や30代でもなる人が多いようです。スマホ老眼も、手元のものにピントが合わせづらくなり、視界がぼやけてしまいます。
わりと一時的な現象の場合が多いようですが、長く続くと慢性化・重篤化してしまうかもしれませんね。
こうしたスマホ老眼を防ぐためにはどうしたらいいのか、対策を考えていきたいですね。このサイトではその方法を提示しています。ぜひ参考にしてみて、スマホ老眼にならないように注意してみてください。